ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

例祭の際にうかがった話

スポンサーリンク

今年度は地域の神社の当番の年のため、例祭の準備および例祭に参加しました。
神職の方が僕が思っていたより早い時間にみえて、例祭が行われました。

例祭の際に神職の方が言われていたことですが、正座はしないで足は崩していていいとのことでした。
正座をしなければならない場面も言われたのですが、神事のどの場面なのか理解できませんでした。
正座をしなくていいですと言われなくても、「おたいらに」と言われたら、正座をしなくていいという意味で言っていますと言われていました。
「おたいらに」を検索すると、特別な言葉ではなく一般的な言葉なんですね。
御平らに(オタイラニ)とは - コトバンク
全く知らなくて、神職の方が使う特別な言い方なのかと思っていました。

f:id:AJYA:20181018055645p:plain
unsplash-logoMatt Briney

秋の例祭は祝うので、御神酒は全て飲んで騒ぐものだという主旨の発言をされていました。


今年みえた神職の方は、いろいろ教えてくださる方でした。
普段知ろうとしない知識を得られました。