ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

展示用パソコンをリモートデスクトップ経由で設定する場合に行う便利な設定

スポンサーリンク

展示用に借りた複数台のパソコンを設定しなければならなくなりました。
常時展示用の複数台のパソコンの前に座って設定作業をするのが理想です。
実際は、他の仕事の合間に設定作業をしたいので、リモートデスクトップで接続して設定作業をするのが、展示用のパソコンの前まで行かなくて済むので効率がいいです。

パスワードなしで自動ログインするパソコンにリモートデスクトップでパスワードなしでログインする設定

展示用に借りた複数台のパソコンは、起動するとパスワードなしで自動ログインする設定になっていました。
リモートデスクトップで接続する際もパスワードなしでログインできるようにするためには設定の変更が必要です。

コントロールパネルの管理ツールをクリックします。
f:id:AJYA:20180321215853p:plain

ローカルセキュリティポリシーをクリックします。
f:id:AJYA:20180321220106p:plain

ローカルポリシーをクリックします。
f:id:AJYA:20180321220200p:plain

セキュリティオプションをクリックします。
f:id:AJYA:20180321220333p:plain

アカウント:ローカルアカウントの空のパスワードの使用をコンソール ログオンのみに制限するをクリックします。
f:id:AJYA:20180321220427p:plain

有効を無効にして、OKをクリックします。
f:id:AJYA:20180321220603p:plain

これでパスワードなしでリモートデスクトップ接続してログインできるようになります。
Windows 7の場合ですが、Windows 10でも似たような設定はあると思います。
この設定作業を行うことで、展示会用のパソコンの設定作業の効率が良くなります。