ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

執念を感じた行動

スポンサーリンク

7月5日に行われた「いないいないばあっ!あつまれ!ワンワンわんだーらんど」瀬戸公演)に応募しましたが、落選しました。
イベント詳細・申込(NHKチャリティーステージ「いないいないばあっ!あつまれ!ワンワンわんだーらんど」瀬戸公演) | イベント・インフォメーション | NHK(日本放送協会)

昨年も応募しましたが落選していて、人気があるというのは理解していました。

f:id:AJYA:20150716054123j:plain
photo credit: Jingle Chicken has our ticket via photopin (license)


1時間前から待つ人

当選確認をしたときの電話で、当選してもチケットを購入しない人がいるので、残ったチケットをロッピーで購入できる旨の案内がされました。
一応控えておいて、当日行けるタイミングがあったので発売開始3分前にローソンに到着して、操作を確認しました。
チケットはまだ発売前と表示されたので、最初の画面に戻って発売開始を待つことにしました。

待とうとしていると、「1時間前から待っているので」と女性から声をかけられました。
飲食できるスペースがあるローソンで、この時間からコーヒー買って店内で飲んでる人いるんだと思っていたら、時間潰しをされていたようです。

先に店内にいたのは事実なので、女性がロッピーでの購入が終わるのを待つことにしました。

後ろで立ってなんとなく見ていると、同じチケットを購入されようとしていました。
殺到しているためか、購入手続きの画面に全然進みません。
何度も操作して10分ほど経ったところで「完売です」と言われて、女性はロッピーの前を離れました。

そうなんだと思いながら念のために見てみると、完売の表示がされたので、チケットの購入を諦めました。


1時間前から待っていたというのが本当かどうかまではわかりませんが、待っていたことや購入を諦めるまでの時間を見ていて執念を感じました。