ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

メモはその場で記録として保存できるのが望ましい

スポンサーリンク

パソコン持ち込み可の環境だったので、その場で記録として入力していました。

f:id:AJYA:20150505221913j:plain
photo credit: To Brev til Russland (1946) via photopin (license)

お客さんのオフィスで運用されているシステムがあります。
定期的にメンテナンスしていて、作業記録の提出は求められていません。
それでも、こちらは次回以降の作業時に役立つので作業記録を作成しています。

お客さんのオフィスで作業するときは、作業内容を書いた紙を持ち込んで、作業内容や結果を書き込んでいくのが一般的です。
その書き込んだ内容を会社に戻って転記して、作業記録としています。

会社に戻って転記するまでがメンテナンス作業と考えると、たとえすぐ転記ができたとしても、それだけ時間を使わなければなりません。

今回のお客さんは、パソコンが持ち込める環境だったので、パソコンを持っていきました。
メンテナンス作業で時間がかかる処理を開始したら、パソコンでそれまでの作業を作業記録として入力しました。
最後に確認する項目については、残念ながら作業記録として入力できませんでしたが、会社に戻って5分もかからず入力ができ、作業記録が完成しました。


なかなかパソコンが持ち込めることはありませんが、持ち込める場合は後々の記録の作成時間を考慮して、準備して作業に臨みたいです。