ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

一人で子供をお風呂に入れたのは三度目

スポンサーリンク

妻が子供の昼寝中から不在になるので、おやつ、夕食、お風呂、寝かしつけを一人で担当しました。

昼寝とおやつ

昼寝はこちらが眠かったので、子供とどっちが先に寝たのかわからない状態で寝てました。
途中で起きてごそごそしていると、電話が鳴って話し声で子供が起きたので、電話が終わったら寝かしつけました。
1時間くらいして再度電話が鳴って話し声で起きたので、昼寝は終了にしました。
2時間くらいは寝た筈です。

おやつは電話が終わってから出したら、お菓子のお代わりを要求され、どこまで食べるのかと心配しましたが、1回のお代わりで終わってくれました。

夕食

妻が準備しておいてくれたものを温めるかよそうだけなので簡単でしたが、温め過ぎたり、よそうのが遅くて冷ますために冷蔵庫に入れたりとバタバタでした。

食べている最中にママがいないことを気にした子供が泣き出しそうになり、これはどうしようと思ったところに電話がかかってきて、電話が終わったところで子供を見ると、泣き出しそうだったのがなおっていて助かりました。

お風呂

準備は万端で、お風呂に入れて出てくるまではイメージどおりでしたが、髪の毛を乾かすのに手間取りました。
以前よりさらに伸びていて、なかなか乾いてくれません。
温風をずっとあてると熱くなるので、冷風と交互にあてましたが、動き回るのであてるづけるのも難しいです。
風邪ひかないようになんとか乾かしていました。

寝かしつけ

寝かしつけ前は大人しく寝る状態になってくれたので、さっさと寝るかと思っていたら全然寝てくれません。
45分かかってやっと寝てくれました。

一人での感想

ママがいないことで、ずっとぐずぐずが続いてどうしようもならない状態になってしまわないか心配で、実際夕食のときになりそうでしたがなんとか乗り切れました。

髪の毛を乾かす時間は、妻よりかかっていたはずなので、どうやって乾かすのがいいのか観察して身につけたいです。