ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

Wordの不可思議な現象

スポンサーリンク

Wordへの苦手意識は、ずっとなくなりそうもありません。
f:id:AJYA:20150205053538j:plain
photo credit: Screenshot-Microsoft Word - Document1 via photopin (license)

4年ほど前にWord 2003で作られた文書を修正していたときに発生した現象です。

インデントの変更が全体に反映

編集していたら、元々の文書にたいしてインデントがずれていたので、ルーラーを操作しました。
そうしたら、全体のインデントがずれました。
慌ててCtrl+zで元に戻すと、インデントを操作したい文のみに適用されていました。

斜体とアンダーラインが全体に反映

斜体とアンダーラインも同様で、適用したい範囲を選んで斜体ボタンまたはアンダーラインボタンをクリックすると、全体が斜体になります。
これもCtrl+zで元に戻すと、選択した範囲にのみ適用されていました。

表の中のだから起きる現象?

表の中に何ページにもわたる文章があって、それを編集しているから起きる現象なんでしょうか。
ルーラーの現象はそれなら仕方ないのかもしれませんが、斜体とアンダーラインについては納得できません。

なんども見直す羽目に

文章を直すのに1時間あまりで終わっていたのが、上記の現象のためにずれていた部分を修正するためにさらに1時間かかってしまいました。
一度直したところでも、他の部分を操作しているとまたずれていたりしたので、再度直す羽目になったために時間が無駄になりました。
こういうことがあるから、Excel方眼紙によるドキュメントが量産されるんでしょうね。