ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

量が多い仕事は毎日コツコツ取り組むしかない

スポンサーリンク

量が多いので、一気に処理しようとしても絶対できないとわかっているので分割します。

f:id:AJYA:20150202054021j:plain
photo credit: Mentat Kibernes via photopin cc

厄介ごとがやってくる

金曜の定時間際、お客さんからメールが届きました。
内容は、お客さんのお客さんからシステムの改修の依頼があったが、開発当初の担当がいないので、バグ修正を言われているのか、仕様追加なのかわからないので、内容を確認して連絡してほしいとのことでした。

システムの改修内容を確認すると、箇条書きで書かれているだけで図がありません。
読んだだけではわからない内容になっています。
それが21項目書かれていました。


連絡があったシステムは退職者から引き継いだシステムです。
こちらもバグ修正なのか仕様追加なのかすぐにはわからない状況です。

1度システムの改修内容を読んで、他の仕事を少し処理して、再度読みました。
読んだだけでこれかな?と思える項目もあれば、読んだだけでは思いつきもしない項目もあります。
時間がかかることが確定したので、他の仕事もあることを勘案して、1週間は確認に時間がかかる旨を返信しました。

分割して毎日調べるしかない

1週間といっても5日間で調べることになります。
まとめて処理ができる数ではないので、1日最低4項目処理することにしました。
1項目あたり最長でも30分までにとどめ、そこまででわかった内容を記録しておきます。

すぐ終わる項目もあれば、時間切れの項目もあるはずなので、21項目調べた後に再度時間切れの項目は調査して、お客さんに確認することにしました。

今日から4項目ずつ予定どおりできるのか不安がありますが、時間を確保して進めなけばいけません。