ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

雷が怖いという感情はいつ頃から

スポンサーリンク

f:id:AJYA:20140722052755j:plain
photo credit: kugel via photopin cc
先日の日曜の夜は、夏祭りに出かけようかと考えていました。
空を眺めると黒い雲がどんどん近づいていて、レーダー画像や雨雲予想の画像を見ると、雨が降ることが確実と思えたので、出かけませんでした。
思っていたより30分ほど遅かったけれど、雨は降り出し、雷の音も鳴り始めました。
雷がどんどん近づき、一番近くに落ちた時は驚いてちょっと声が出てしまいました。

そんな中、子供の様子を見ていると、雷の音が鳴っていても平然としています。
一番近くに落ちた時は、大人が驚いていたので反応した感じでした。

恐怖心というのは1歳3ケ月ではまだないのかもしれません。
行動に対して叱ると反応するときもありますが、あくまで言われたから反応しているだけで、怖いからというのでは無さそうです。

僕の中には雷は怖いという思いがありますが、どこでどのようにそう思うようになったのか記憶がありません。
小さいときに親に教え込まれたのかもしれません。