ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

iPhone 5が正常に認識しないLightningケーブルでも、充電ができました

スポンサーリンク

充電できれば十分なので、捨てずに使っています。
f:id:AJYA:20140604053929p:plain
昨年格安のLightningケーブルの互換品を購入しました。
Lightning ケーブル互換品を購入しました - ソフトウェア開発者の日常


会社でiPhone 5の充電のために使っていましたが、パソコンを替えたら充電すらできなくなりました。
USBポートの問題かと思い、本体の空いているすべてのUSBポートで試しましたが、すべてダメで充電できませんでした。

iPhone 5購入時に付属の純正Lightningケーブルは、モバイルバッテリーとともに鞄に入れてあるので、充電は純正ケーブルを使えばできますが、鞄から取り出して、取り出したのを忘れないようにしないといけないのが面倒です。

USBハブ経由では充電できないか

USBハブのUSBポートを使ってみると、認識され充電がされるようになりました。
これでいいやと思って充電していて、しばらく経つと「このアクセサリは使用できません」とiPhone 5の画面に表示されました。
充電中のマークが表示されていないので、充電されないけれど90%以上充電されたのでいいやと思ってそのまま放置していました。
iPhone 5をLightningケーブルから取り外すときに電池残量が気になって確認すると、100%になっていました。

充電マークが表示されていなくても、充電はされていたようで、不思議な感じがします。