ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

iPhoneアプリ:睡眠ログアプリを使い始めました

スポンサーリンク

最近寝不足なのは自覚していて、寝る時間を確保しなくてはと思っています。
寝る時間を確保できても、目覚めるタイミングが悪いと、寝起きの調子がよくありません。

そこで、睡眠状態を検知して最適なタイミングで起こしてくれるらしいアプリを使うことにしました。

どのアプリを使うのか

使い始めたのは、Sleep Timeです。
Sleep Time+ Alarm Clock and Sleep Cycle Analysis with Soundscape for Health and Fitness
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, ユーティリティ


無料版もありますが、なにが違うかまでは把握してないです。
Sleep Time - Alarm Clock and Sleep Cycle Analysis with Soundscapes
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, ライフスタイル

使ってみた感想

  • 月曜の夜から使い始めて2日目で、目覚めのタイミングは悪くないと感じています。
  • 睡眠の状態を示すグラフが表示されるので、よく眠れてるのかわかります。
  • 画面ロックをしない設定にして、充電したままにしていますが、そんなことをしなくても計測できるのかまでは試していません。

グラフで自分の眠りを確認

f:id:AJYA:20131211124919p:plain
1日目は、浅い眠りの後深い眠りが長く続いたようです。
浅い眠りと深い眠りが交互ではないですね。
23時半から0時までは、設定したまま起きていたのが現れています。

f:id:AJYA:20131211125641p:plain
2日目は、なかなか寝付けなかったのが現れています。
浅い眠りと深い眠りが交互になったようです。
1度目覚めたような気もします。


まだ2日目ですが、目覚めるタイミングは悪くないので、今後も使い続けます。