ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

悩んでいることは紙に書き出す

スポンサーリンク

仕事でのことです。

f:id:AJYA:20130530125129j:plain

photo credit: theloushe via photopin cc

 

修正でつまずく

システムの改修でプログラムを修正して、テストをしていたら、予想していた内容と異なる動作に気がつきました。

なぜ異なる動作をしているのか、理由はわかりました。

理由がわかれば、プログラムを再度修正すればいいのですが、簡単には対処できる内容ではありませんでした。

どうすればいいのか悩みはじめて、判定のための情報を追加するしかないのかと考え始めたところで、既存のデータをどう使えば目的のデータを得られるのか、紙に書き出していきました。

 

考えをどんどん出していく

紙に書くのはスピード重視で、雑でもいいから思いつきをどんどん書いていきます。

どんどん書くことによって、頭の中を整理していきます。

書きながら、書いた内容が目に入ることによって、内容のいいところ・悪いところ・正しい点・間違っている点も浮かんできて、それも色を変えたりして書いていきます。

 

これ以上出ないと思えたところで、データを確認しながら、書いた内容を確かめていきます。

確かめた結果、少しややこしいけれど、既存のデータを使えば目的のデータを得られることが確認できました。

 

自分に合ったやり方

人それぞれで考えをまとめる方法があると思いますが、自分は紙に書き出すことによって、考えを見ながらまとめています。頭の中だけでまとめることができません。