ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

得意というか唯一できる料理

スポンサーリンク

今週のお題「得意料理」で、得意というか独身時代はよく作っていたのが、スクランブルエッグです。
正確にはスクランブルエッグなのかわかりませんが、

  1. 卵に醤油と味の素を加えて混ぜる。
  2. フライパンに油をひき、熱くなるまで待つ。
  3. 卵を入れて、ある程度ぐちゃぐちゃにしながら固まるのを待つ。

という手順で卵を使った料理作っていました。

f:id:AJYA:20171129054241j:plain
photo credit: Hamburger Helper Scrambled Eggs for Breakfast via photopin (license)

独身時代は土日の休みの朝、たまに作って食べていました。
仕事の都合で実家から通えない客先で常駐することになり、一人暮らしをしていた期間もたまに作っていました。
一人暮らしをしていた期間では、ベーコンを焼いて、ベーコンから出た油で作ったり、ウィンナーも炒めたりしていました。

もっと料理ができるようにはなりたいけれど

たまに妻に料理ができるようになればと言われ、確かにそうだなと思うときもあります。
以前妻に聞きながら味噌汁作りに挑戦しましたが、あまりにもいろいろ聞きすぎたためか、手順をメモしながら覚える前に、やらなくていいと言われた記憶があります。

妻が料理もできないほど体調が悪く寝込んだり、入院する事態になると、現状では食事に困ることになります。
カレーなら簡単だからと言われた記憶があるので、野菜の切り方から妻に教えてもらいながら、覚えていきたいです。