ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

納豆は食わず嫌いでした。

スポンサーリンク

納豆は、ほぼ毎日食べるようにしています。
何年か前からの、習慣になっています。

毎日食べるようになるまでは、ほぼ食べたことがありませんでした。
実家では食べる習慣がありません。
大きくなってからも、外で食事する機会があり、納豆がある料理が選べても、食べたことがないし、においもあるだろうからと、食べていませんでした。

結婚して、妻が納豆を食べていましたが、僕は食べていませんでした。
2011年に、妻の親戚筋のところへ遊びに行った際、納豆を出されて、食べたのが、もしかしたら初めてかもしれません。
妻に、納豆を食べるんだ、と感心された記憶があります。

その後、何年かしてから、納豆は身体にいいからと、毎朝食べるのを基本にするようにしました。
朝食で食べられなければ、昼食か夕食で食べるようにしています。

なるべくなら加熱しない方がいい?

いつ見たのか忘れましたが、納豆は過熱しないほうがいいという記事を見ました。
こちらの記事の3ページ目にも「加熱の調理方法は避けるとよい」とあります。
macaro-ni.jp

納豆チャーハンを食べたこともありますが、過熱しているので、避けた方が良さそうですね。

納豆ご飯

ご飯にのせて食べるのが基本

僕の食べ方は、

  • 1パックの納豆を、100回くらい混ぜる。
  • パックに付属のたれをかけて混ぜる。
  • ご飯の上に、混ぜた納豆を全部のせて食べ始め、適宜ご飯と混ぜる。

という感じで食べています。

たまにアマニ油を、たれと一緒に納豆にかけて、混ぜるときもあります。

以前は、たれをかけてから、100回くらい混ぜていました。
これもいつ見たのか忘れましたが、たれをかけないで混ぜてから、たれをかけた方が、美味しいという記事を見てから、先に納豆を混ぜています。


今週のお題「納豆」で、納豆を、いつから食べるようになったのか、思い出してみました。
子どもの頃から全然食べず、納豆はずっと食べる機会がない、食べられないと思い込んでいましたが、食わず嫌いでした。