ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

おしりたんていショーを見てきました

スポンサーリンク

ハウジングセンターでおしりたんていショーが行われるので見に行きました。

シートに場所取り

風がそこそこあるけれど、天気がよくて晴れているので、日向にずっといるとちょっと暑いかもと思いながら、10時過ぎにショーの行われる会場に到着しました。
事前に子どもには、どのあたりで見たい?と聞いたら、シートのところに座りたいと言っていて、前から2列目のステージから見て左寄りがまだ空いていたので、そこに場所取りをしました。

10時半から始まるので、それまで時間をつぶしのために、ふわふわドームのような遊具で遊びました。
一人あたり3分までの時間制限があり、すぐに順番がまわってきたので、楽しんでいました。

途中で推理をするショー

おしりたんていと言えば、アニメでもお馴染みですが、迷路を解いたり、暗号を解いたりする推理をする時間があります。
アニメと同様に、会場に質問をして推理してもらい、推理の答え合わせをする時間が何度かありました。
答えの選択肢の絵をもったボードを、キャラクターが持って出てくるのかと思っていると、そうではありませんでした。
なにか演出できるといいのになとは思いましたが仕方ないですね。

今回はふめつのせっとうだんのお話で、おしりたんてい、警察官のすずき、ブラックシャドー団リーダーのトカベエ、手下のトカトゲとトカピンは着ぐるみ、ブラウンとマルチーズしょちょうは人形でした。
テレビでは2回分のお話だったので、どのようにまとめるのかと思っていましたが、うまくまとまっていました。
おしりたんていの必殺技(?)は、風船が膨らんで表現していました。
おしりたんてい ふめつのせっとうだんショー

握手会に並ばない

ショーが終わった後はいつも握手会に並びますが、シートに座っていたために出遅れて列が長かったかのもあったためかもしれませんが、子どもは待ちたくないので並ばないといい出し、握手をしませんでした。
後から、パンケーキ食べるためには待つの?と聞くと待たない、遊園地で乗り物に乗るためには待つの?と聞くと待つというので、体感するものであれば待てるようです。