ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

Adobe Flash Playerはいつまで利用可能?

スポンサーリンク

2020年末にAdobe Flash Playerの更新と配布が終了すると、Adobeのブログへの投稿されたのが2017年5月25日になっています。
theblog.adobe.com

Flashを使っているサービスは徐々に減っていると思いますが、未だにFlashを使っているサービスもあります。
t-mall.tsite.jp
例にあげたサービスは、スマートフォンで見ると動作するので、環境を見てスマートフォンならHTML5版が動作するようになっているのでしょう。
そのようになっていないサイト、ページはまだまだありそうです。

Adobe
unsplash-logoSzabo Viktor

各ブラウザベンダーの状況

Microsoft Internet ExplorerMicrosoft Edgeは、
「■ 2020 年末
 サポートされるすべての Windows 上の Microsoft Edge および Internet ExplorerFlash を実行することができなくなります。」
と書かれていて2020年末まで動作するようです。
blogs.technet.microsoft.com

Google Chromeは、
「We will remove Flash completely from Chrome toward the end of 2020.」
と書かれていて、Google翻訳すると
「2020年の終わりにChromeからFlashを完全に削除します。」
なので、こちらも2020年末までは動作するようです。
www.blog.google

Mofilla Firefoxは、
「2020 年の初めに、Flash のサポートは Firefox のコンシューマ版から完全に削除されます。
 Firefox 拡張サポートリリース (ESR) は、2020 年末まで Flash のサポートを継続します。」
と書かれているので、2020年の早い段階でAdobe Flash Playerは動作しなくなるようです。
developer.mozilla.org

Safariは明示していないようです。
2020年末まで動作するかもしれませんし、いきなり利用できなくなるかもしれません。
webkit.org

Firefox以外はとりあえず来年もFlash Playerが動作するようです。
あと1年余りで、まだまだ残っているFlashのコンテンツがどこまで減っているのか気にしていようと思います。