ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

体調が悪いときほど、仕事の優先順位の見極めが重要

スポンサーリンク

先週月曜夜から市販の風邪薬を飲み、水曜日に内科を受診、今週月曜日に耳鼻科を受診して、まだ風邪が治っていません。
f:id:AJYA:20151210054504j:plain
photo credit: via photopin (license)

火曜日になって、やっとこれで完治するんだろうという実感をするようになってきました。

そんな体調で毎日仕事をしていると、普段以上に仕事の優先順位を気にします。
1日仕事をするつもりでいても、仕事できないほど悪化することも考えておかなければいけません。

  • 今日できていなくても大丈夫か?
  • 先延ばししたときの影響度は?

という問いかけはいつもと同じですが、

  • 体調悪かったのでと言い訳すれば納得してもらえるか?
  • 今の体調ではいつもよりどれくらい時間が余分にかかるのか?

という問いかけが増えます。

他の人に増えた問いかけに納得してもらえることはなかなかありませんが、社内なら通用することもあるので、この問いかけも加えて、どれから取り組むべきかを決めています。