ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

DNSサーバーが正常に動作していないときの対処

スポンサーリンク

Google Public DNSを設定しました。

f:id:AJYA:20150224053815j:plain
photo credit: How DNS Works via photopin (license)

ネットワークトラブル発生で仕事ができない

朝からネットワークでトラブルが発生し、DHCPによるIPアドレスの取得ができない状態でした。
昼休みになったら復旧したので、昼食もそこそこに仕事をしていました。

昼休みが終わって仕事していると、またネットワークでトラブルが発生しました。
今度はDHCPによるIPアドレスの取得はできていますが、外部のネットワークにアクセスできないようです。

トラブルの状況を観察すると、外部のデータセンターにはアクセスできているので、完全に外部のネットワークにアクセスできないわけではありませんでした。

DNSサーバーが正常に動作していないので、Google Public DNSを設定

データセンターのサーバーに接続して、そこから外部のネットワークを利用しましたが、ひと手間かかって面倒です。
どうにかならないかと考えると、DNSによる名前解決が失敗しているんではないかと思いつき、Google Public DNSを設定してみました。

Using Google Public DNS - Public DNS — Google Developers

設定は以下のようにしました。
f:id:AJYA:20150224054053p:plain

設定した結果、普段通りネットワークが使えるようになりました。

思いつくまで時間かかりました

DNSサーバーのトラブルだから、Google Public DNSを設定すればいいのではと思いつくまで1時間以上かかってしまいました。
ネットワークの専門ではないにしても、DNSだけおかしそうだと切り分けられる能力は身につけておきたいです。