ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

コミットできなくなったときの対処方法

スポンサーリンク

最後はやりたくない方法で解決しました。

f:id:AJYA:20130711172552j:plain

photo credit: lewro via photopin cc

 

コミットできない! 

普段NetBeansを使ってコーディングを行い、NetBeans上でSubversionにコミットしています。

Subversionにコミットしようとしたらエラーが発生して、コミットできなくなってしまいました。

クリーンを実行すれば直るようなメッセージが表示されますが、 クリーンを実行しても直りません。

 

妥協案1 

諦めて、新しくリポジトリを作って登録することにして、以下の手順を実行しました。

  1. 新しいソースコード用ディレクトリを作成する。
  2. 新しいソースコード用ディレクトリに、既存の最新版をチェックアウトする
  3. 新しいリポジトリを作成する。
  4. 新しいソースコード用ディレクトリにNetBeansのプロジェクトを作成する。
  5. NetBeans上で新しいリポジトリにインポートする。

この方法では、インポート途中で、Busyになってしまいエラーになってしまいました。

 

妥協案2

手詰まりになったので、最後の手段として、

  1. エラーになったファイルをリネームしてコミットする。
    これで、元のファイルは削除され、新しいファイルとしてコミットされる。
  2. 元のファイル名に利めー蒸してコミットする。
    これで、見た目上ファイルが復元される。

を行って、使えるようにしました。

 

元々今使っている環境が、NetBeansのプロジェクトは古い環境で作っていたためか、古いSubversionで作っていたためか、最新のSubversionをインストールしてもSubversionのアイコンがファイルに適用されていませんでした。

この状態を解消した方が、今後トラブルが起きたときに、対処の手段を増やすことができるかもしれません。