ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

備蓄マスクを使ったときに気がついたこと

スポンサーリンク

商品にもよるかもしれません。

f:id:AJYA:20130116124746j:plain

photo credit: ST E PH/ EN _G via photopin cc

 

2009年に騒がれた新型インフルエンザに備えて、当時購入したマスクが備蓄してあります。

昨年10月に風邪を引いて以来、風邪を予防するためと、喉の乾燥防止のため、外出時と寝るときはマスクをしています。

 

使い捨てマスクではすぐなくなってしまうので、洗って再利用できるマスクを普段使っていますが、洗っているときは使い捨てマスクを使っています。

 

2009年に購入した使い捨てマスクを使おうと顔にかけると、左側のプリーツ加工の接着部分が1箇所はがれてしまいました。

プリーツを再度押さえてもはがれたままなので、諦めて使っていると、右側のプリーツ加工の接着部分が2箇所はがれました。

 

マスクとしては使えたので使っていましたが、本来伸びていない箇所が伸びているので、当然隙間が空いてしまい、違和感を感じました。

 

1枚だけの問題かと思いましたが、片方だけプリーツ加工の接着部分がはがれることが何枚もありました。

 

安く手に入れた商品のため、仕方のないことかもしれませんが、備蓄してある使い捨てマスクをたまに使って、状態を確認することをお勧めします。