ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

バージョンが古い理由こそ資料に書いて欲しいし、回避する手段も考えて欲しい

スポンサーリンク

Webサイト制作作業の引き継ぎ説明がありました。

資料に沿ってサイトの構成や残作業の説明を受け、Webサーバー上のディレクトリ構造の確認をしていると、jQuery 1.8.3が使われていました。
jQuery 1.8.3は3年以上前にリリースされた古いバージョンです。
jQuery 1.8.3 Released | Official jQuery Blog

なぜそんな古いバージョンを使っているのかと確認すると、トップページのスライダープラグインjQuery 1.8.3以下でないと動かないとのことでした。
資料には書かれていませんでした。

安易にバージョンアップをしていたら、動作しなくなるところでした。
このような点こそ、書いておいて欲しいです。


jQueryプラグインでないバージョンも存在

使っているスライダープラグインを確認すると、Swiperというスライダーでした。
Getting Started With Swiper

説明を読んでいくと、jQueryプラグインとして使う方法と、単独で使用する方法の両方が書いてあります。

単独で使用する方法の方が、コードが長くなって見通しが悪くなるデメリットはありますが、jQueryのバージョンが固定されてしまうデメリットは回避できます。

特定のバージョンへの依存を回避することも考えて欲しいです。