ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

1時間ほどで帰国したことがあります

スポンサーリンク

今週のお題「海外旅行」で忘れられないのは、出国したのにすぐ帰国したことです。

f:id:AJYA:20150624054222j:plain
photo credit: Family Trip to Bali via photopin (license)

台風が通過中だった

2011年9月のことです。
妻と韓国に旅行するために、空港に行きました。
台風が接近していたために、前日は大雨で帰りの時間帯の電車が一時運転を見合わせるほどでした。
当日も雨と風は共に強く、欠航の可能性がありましたが、欠航にはなっていません。
中部国際空港に向かう電車が止まる可能性があったため、車で空港に向かいました。

出国したのに欠航

空港に着いてからもどんどん雨は強くなっていて、出発する時刻前後が一番天気が悪くなるようです。
欠航にならないかと心配しながら待っていましたが、欠航にはならず時間になったので出国の手続きをしました。

飛行機への搭乗待ちになったので、さすがにここまできて欠航はなく、時間に遅れてでも出発できるんだろうなと思って待っていました。
待っていると、ここにきて欠航のアナウンスがありました。
他の便への振り替えもありません。

戻らざるをえず、パスポートの出国は取り消されました。

韓国旅行が関東旅行に

1日ずらして予約し直すということもできませんでした。
欠航のため、空港までの交通費以外は戻ってくることになったので、金銭的には問題ありませんが、盛り上がった気持ちがおさまりません。
翌日から妻の親戚を頼って、車で旅行してきました。


飛行機に乗って出発するだけの状態から欠航になるのなら、早々に欠航にしてもらった方がありがたいです。