ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

消費税増税後の初の買い物

スポンサーリンク

お昼のお弁当を買いました。
f:id:AJYA:20140401123246j:plain
税抜価格を見て、実際にレジで支払うときに税込金額を聞くと、金額のイメージがずれているので「高い」という印象を持ちました。
慣れるまでは、毎回同じことを思いそうです。

自分が担当のシステムは、トラブル起きていないかとチェックしましたが、データ上も問題なく、トラブル連絡もないので、バタバタしないで済みました。

過去の消費税増税時の記憶

以前はどうだったか思い出してみると、1989年4月1日の消費税3%導入時は、書店で消費税なしの商品を購入したときに、店員さんがレジを打ち間違えて、お釣りが正しくなくて、やりなおしてもらったことくらいしか覚えていないです。
当時は高校生だったので、情報処理試験のための本でも買ったんじゃないかなと思います。

1997年4月1日の消費税5%引き上げ時は、それまで忙しくて残業をそれなりにしていたのが、4月か5月から急に残業時間が10時間未満になって、忙しさの急変に驚いていました。

状況の違いで感覚も変わっていそう

以前は独身で実家暮らしをしていたので、あまりお金について考えていませんでしたが、結婚して子供がいる状態の今では、出て行くお金が気になります。
そのために、最初に書いたような印象をもったんだと思います。