ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

コンビニレジにて起きたこと

スポンサーリンク

この1月だけでも、以下の3件のちょっとしたことが起きてます。

1.頼んでいない商品がレシートに記載されている

セブンイレブンで、アメリカンドッグ2本を頼んで、クオカードで支払ったら、レジの画面もレシートも、100円余分に払っていました。

レジの方に頼んだものはアメリカンドッグ2本だから、100円余分に支払っているのはおかしいと伝えたら、100円現金で返金してもらいました。
レジの方の名札を見たら、店長と書いてありました。

自宅に帰ってからレシートをよく見ると、コーヒー100円も買ったことになっていました。

2.TOICAで支払って、不足分を現金で払えない

セブンイレブンで、500円のお弁当を購入しました。
TOICAには、480円分チャージされていて、20円不足しています。
サークルKでは、TOICAにチャージされている分で支払って、不足分を現金で支払うことができていました。
セブンイレブンでも以前できたと思っていました。

いざ支払おうとすると、レジの方に、この電子マネーは不足分を現金支払いにすることができないので、チャージして不足がないようにしないといけないと言われました。
チャージする気がなかったので、現金で支払いました。

セブンイレブンのレジシステムは、サークルKより機能が劣っていて、以前できたのは勘違いだったかな。

3.1万円札で支払っているのにお札のお釣りがない

サークルKで、430円のお弁当を購入しました。
千円札がなかったので、1万円札と30円で支払ったところ、小銭とレシートが渡されました。

お札が渡されるのを待っていると、レジの方はレジを止めた後に、こちらが待っていることにようやく気がついて、お釣り渡しましけどといわれました。
こちらは1万円札渡しましたけどと言ったら、ようやく気がついて、残りのお釣りを渡してくれました。

レシートを見ると、千円札で払っていることになっていました。

学んだこと

1.と3.は、こちらがレジに表示されている金額を見ていれば防げたことなので、待っている間にレジの周りのものを見ていないで、金額の表示を注視するようにしたいです。