ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

子供が触らないようにするために、ヒーターガードを設置しました

スポンサーリンク

子供がつかまり立ちをするようになり、加湿機と空気清浄機にもたれかかるようになりました。
どちらにもチャイルドロック機能があるので、ロックしておけば動作上は問題はありません。

問題なのは、重さが軽いことです。
つかまり立ちをした子供がよりかかると、ずるずるとずれていって、最後には子供が倒れてしまいそうになります。

上記を防止するために、ヒーターガードを購入して保護しました。
購入したのは、以下の商品です。

メーカーのホームページには、型番どおりの商品が紹介されていませんでしたが、べビザらスでも売っていました。

中にヒーターをを入れているわけではないので、ヒーターのメンテナンス用に動く部分を、前後を逆に設置して隠しています。

良かったところ

  • 加湿機と空気清浄機の2台分の重みのおかげで、今のところ子供が寄りかかっても倒れてはいません。

仕方のないところ

  • 加湿機は給水タンクが上から取れるので問題ありませんが、空気清浄機の加湿機能のための給水タンクは横から取れるので、空気清浄機本体の向きをいちいち変えないと取れません。
  • 加湿機と空気清浄機のフィルタに付着したほこりを掃除機で吸い取るのも、向きを変えないとできません。

メーカーが想定している使い方ではないので、仕方のないところは割り切っています。
手の届かないところに置ければいいのでしょうが、そうはできないで、理解できるようになるまでは、このままの状態になります。