ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

2018年も属人化している仕事は減らしていく方向

スポンサーリンク

1年ちょっと前に以下の記事を書きました。
ajya.hatenablog.jp

これからシステム以外の部分は移管の予定

この記事に書いた仕事は、相変わらず主担当として担当しています。
作業の記録の作成はしましたが、忙しすぎて上手くまとめきれず、まだメモの状態です。
今年もシステムは利用することになったので、2017年に作成した記録を元に、システムの設定作業をしています。
システム以外の部分は、他部署に移管する予定ではいますが、できるのか不安はあります。

完全移管できてない仕事もあり

記事には書かなかった属人化している仕事は、一部移管ができてきています。
全面的に移管し、相談されたら答える役割になるつもりでした。
結果は、移管先の人間関係の問題で、全面移管ができていません。
そのため、関わりを続けなければならず、以下の記事の11/21に書いた通りストレスとなっています。
1週間の振り返り(2017/11/18〜2017/11/24) - ソフトウェア開発者の日常

なぜ不安に感じるのか

最初の段落で、「他部署に移管する予定ではいますが、できるのか不安はあります。」と書きました。
なぜ不安なのかは、移管先が2番目の段落で「移管先の人間関係の問題で、全面移管ができていません。」と書いた部署だからです。
中途半端な部分的な移管のために、ストレスが増えそうと考えてしまいます。

f:id:AJYA:20180108223347j:plain
photo credit: x1klima Woman and Grief via photopin (license)

それでも進めていくしかない

2017年中に完全に手放しているつもりでいた属人化仕事がまだまだ残っています。
どんどん進めるべきですが、これまで書いてきたように中途半端に関わりを続けなければなりません。
ストレスをやり過ごすか、ストレスがそれほど溜まらないようにするか、ストレスとの付き合い方を考えながら、止まることなく進めなくてはなりません。

いっぱいに入っている器に注ぎ込もうとしてもあふれるだけです。
器を少しでも空けて、新しく注ぐことができるようにしていきます。