読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

もし、転職していなかったら?もし、土地を購入していなければ?どうなっていたのか

お題
スポンサーリンク

今週のお題「私のタラレバ」で、「タラレバ」は後悔の要素が大きく感じるので、考えないようにしています。
それでも小さなことで、「あのときああしていれば・・・」と反省するときがあるので、そのときは次に生かそうと考えています。

これから変えようもないことの「タラレバ」を考えてみると、いくつかあります。

最初に就職した会社を辞めていなければ?

最初に就職した会社は、万単位の社員がいる自動車部品メーカーでした。
そこで、自動車部品の設計者という肩書で仕事をしていました。
会社の規模が大きい分給料もそれなりにもらえていました。

8年あまり勤めて辞めて、今の会社に転職しました。
辞めた理由などは、こちらの記事に書いています。
ajya.hatenablog.jp

辞めた会社は、新聞に毎年どれくらいで春闘が妥結したのか載るような会社です。
辞めていなければ、役職がついていなくても、給料はそれなりに増えているのがうかがい知れます。
ボーナスも年間で何ヶ月分ももらえています。
収入ということだけ考えると、今とは随分違うということがわかります。

f:id:AJYA:20170208125445j:plain
photo credit: George Eastman House Couple via photopin (license)

土地を買っていなければ?

独身で結婚する予定もなにもないときに、現在自宅を建てて住んでいる土地の購入の話が舞い込みました。
土地の形や広さで悩みましたが、貯金でまかなえる範囲だったので、購入に至りました。

土地を購入していなければ、現在の場所に自宅を建てることも当然ありません。
ajya.hatenablog.jp

結婚した後に話が舞い込んでいたら、買っていなかった可能性が高いです。
もっと便利なところ、もっと風習が希薄なところ・・・と探して、建売の一戸建てを買って住んでいそうです。
もしかしたら、ローンで縛らるのは嫌、何かあったら移り住めるアパート暮らしがいいと考えているかもしれません。


どちらのタラレバも実行していなければ、結婚せず独身で、収入はそこそこある生活をしていたのかもしれません。