ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

手帳選びで悩んでいる

スポンサーリンク

思考を整理するために書いてます。

f:id:AJYA:20121009215048j:plain

photo credit: rfin via photopin cc

 

ことの発端

ほぼ日手帳が届いたというブログ見て、自分も来年の手帳を買おうという気になってきた。

 

現状確認

今年は、高橋書店のティーズディレクションダイアリーを使っている。

見開き1週間バーティカル式で、予定の把握はしやすい。この点は、この手帳でよかったと思っている。

予定だけ書いていると、内勤メインで会議等もそんなにないので、埋まらないページが多くなってくる。その埋まっていない状態がもったいないので、取り組む仕事のことを書こうとすると、狭くて書ける量が限られてくる。

この点をなんとかしたいと思っている。

 

来年はどうするか

上記で書いた仕事のことを手帳に書くか書かないかで悩んでいる。

元々Togglを使って、かかった時間数は把握しているので、手帳に書いた内容で時間数を把握するつもりはないが、どの時期にどんなことをしていたのか俯瞰するためには、手帳に書いてあった方がわかりやすいと考えている。

 

1日1ページタイプを探す

取り組んでいる仕事のことをある程度の量書こうとすると、手帳のサイズを大きくするか1日1ページのタイプにすることになる。

手帳のサイズを大きくする気はないので、1日1ページタイプを探したら、マークスのEDITが見つかった。

EDIT デイリープランナー エディット | MARK'S DIARY | 1日1ページ手帳2013
 

現在の購入予定

EDITで価格が一番安いものなら3,000円しないので、こちらにしようかと考えている

現物を見られると一番いいのだが。

 

 

手帳には予定とその日気づいたことを書いて、仕事のことはtogglを見ることにすれば、現在使っている手帳で十分だ。

使い方を再度確認して、最終決定したい。