ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

Google Chromeが使用するメモリを少しでも少なくする方法

スポンサーリンク

Google Chromeはタブ毎に独立したプロセスで動作していて、メモリもそれぞれに確保している。

たまにGoogle Chromeのタスクマネージャを見ると、100MB以上使っている場合がある。

一度Google Chromeを終了してしまえばメモリは解放されるが、再度ログインするのが面倒くさい。

Google Chromeを終了しないで、メモリをなるべく解放する方法

1.Google Chromeのタスクマネージャを表示する。(Windowsなら、Google Chromeがアクティブな状態でShift+Escを押す)

2.メモリの使用量が一番多いタブのURLをコピーする。

3.新しいタブにペーストして、Webページを表示する。

4.2.でコピーしたタブの×をクリックしてタブを閉じる。

こうすれば、Google Chromeは終了していないので、大抵のサイトでログイン情報は保持されて、ログインしなおす必要はなくて、メモリの使用量が削減できる。

サイトによっては、あまり効果がないかもしれないが、Googleカレンダーでは約80MBのメモリを使っていたのが、約36MBまで減らせた。

 

メモリの搭載量が少ない場合は、試してみるといいかも。