ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

気を使ったつもりが

スポンサーリンク

手順は間違ってはいないけれど、今回は余計でした。



サポート業務をしていると、お客さんからデータの修正依頼がありました。
メールアドレスの修正です。
サポートのメンバーに対応してもらい、お客さんに修正を伝えました。

終わったと思ってサポートから送ったメールを読んでいるとサポートデスクからメールアドレス変更の通知メールが送られています。変更の依頼を受けた覚えがありません。
メールアドレス変更の場合、お客さんに確認して許可をもらってから変更する手順です。

サポートのメンバーに確認すると、お客さんから変更依頼があった人にメールを送るのではなかったのかとのこと。
今回の場合は色々な事情があって、サポートデスクから通知する必要はありません。
そのため、お客さんも変更だけを依頼してきていて、メールの送信までは依頼してきていません。

そのことを気づかず、メールアドレスを変更したら一律送信するという対応をしてくれました。
お客さんに即座に電話して謝罪して、メールアドレスを変更した方には、訂正のメールを送りました。


メールアドレス変更だけで、通知は不要と徹底しなかったのがミスの原因と反省しました。