ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

作業手順の記録を残すなら、作業時間の記録を残すべき

スポンサーリンク

昨年利用したシステムを今年用に設定変更しました。

設定手順と動作確認の方法は、作業手順として記録してあり、今年用として直したところの記述も含めて、設定自体は30分程で終わりました。

動作確認をすれば作業完了になりすが、設定含めてどれくらい時間がかかるか記録していませんでした。

 

僕はどうしたか

30分で動作確認が終わらなければ、翌日に続きをやろうと判断して動作確認を始めたら、動作確認の方法も工夫した結果、30分かからずに終わりました。

 

学んだこと

次回のために、今回の作業記録には、かかった時間を目安時間として追記しておきました。

これで次回からは、より正確に作業時間を事前に見積ることができ、適切な時間帯に作業ができそうです。