ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

モチベーションを上げるとは、やる気を出すこと

スポンサーリンク

今週のお題「わたしのモチベーションを上げるもの」で、モチベーションがあがっているのか、ただ単に習慣になっているのかわかりませんが、始めたら何分後に終わらせるかを決めることがよくあります。

日曜日の風呂掃除は1時間以内、髭剃りと歯磨きは合わせて12分以内とか、目安を決めてとりかかります。
とりかかると、時間を守る意識が働くので、時間内に終わらせようと余分なことはしなくなり、結果として目安の時間で終わらせています。

とりあえずやってみる

初めてやることになると、どれくらいの時間かかるかわかりません。
目安の時間を決めることも難しいです。
どれくらかかるかわからないけれど、とりあえずやってみます。
あまりにも時間がかかりそうとわかれば、中断するという条件付きでやってみます。

中断できる条件が付いているので、やってみてダメだったら見直せばいいかと考えてとりかかります。
初めてやったけれど、案外簡単にできたというときもあります。
やってみたけれど、このままでは進めるのが難しいから見直しが必要とわかるときもあります。


こうして書いていると、僕の場合、モチベーションをあげる=やる気を出すになってきます。
以前、「やる気クエスト」というコミックを読んだ感想を書いています。
ajya.hatenablog.jp