読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

子どもと1対1ですごして

スポンサーリンク

先週は妻が美容室に行くために不在、今週は妻が友人と会うために不在という時間がありました。
以前はママだけ買い物に行くから遊んで待っていようねというと、そのまま遊んでいてくれました。
今回は2回とも泣き出してしまいました。
妻が一人で出かけて、自分は一緒ではないとわかった瞬間からです。

f:id:AJYA:20160612054656j:plain
photo credit: Kids via photopin (license)

以前にも泣き出したことはありました。
根気よく待っていれば泣き止んでくれるというのはわかってはいます。
先週、今週ともに30分かからずに泣き止んでくれました。

先週の様子

美容室は子どもが遊ぶスペースがあるので、ママのところに行こうねと言いながらなだめていたら、泣き止んでくれました。
なるべくゆっくり行って滞在時間を短くした方が美容室に迷惑がかからないかと、出かける準備を急がずしました。
いざ車に乗って出かけようとすると、別のことをしたいと言い出しました。
ママのところに行かなくていいの?と聞いても、行かないというので、別のことをしていました。

今週の様子

買い物をしてお昼ご飯を外食する予定をしていました。
車に乗ってすぐ泣き止んでくれましたが、お店に向かい始めるとまた泣き出しました。
ママの向かった方向と違うので、ママのところに行かないと理解したためのようです。
お店の駐車場に着いてしばらくの間、ずっと泣いていました。

その後は泣かずに買い物をして、お昼ご飯を食べ、外で遊んでいました。
外遊びから帰る最中に、ママ帰ってきたと言い、自宅に到着してママがいないと、ママのところに行くと言い出しました。
これは昼寝するまでドライブするかと思っていたら、すぐに寝てくれました。

当面この状況が続きそう

平日に妻が妻の母親に預けて買い物に行こうとして、子どもを車から降ろそうとしても、泣きそうな様子で嫌がるそうです。
以前はそんなことはなかったので、誰が一緒でもママが不在になるとダメなようです。

今はそんなもんなんだと理解はしています。
来年からの始まる予定の通園までに、少しは現在のようなママが不在になるのがダメな状況が改善していてくれればと思います。