読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

Windows 8 64bit版でODBC接続できないときの対処方法

スポンサーリンク

64bit版のODBCドライバをインストールしたら、解決しました。
f:id:AJYA:20140630052916j:plain

OSがWindows 8 64bit版の環境に、Access 2013がインストールしてありました。
PostgreSQLのデータベースに対して、ODBC接続でリンクして、データを操作しなければならなくなったので、ODBC接続を作成後、AccessからODBC接続を利用しようとすると、利用できません。
ODBC接続は、32bit版で作成していましたが、インストールされているAccessは64bit版のようで、bit数が合わなくて、利用できないようです。

64bit版をインストール

64bit版のODBCドライバは提供されているのか確認したところ、以下のサイトからダウンロードすることができました。
PostgreSQL: File Browser

現時点で最新の「psqlodbc_09_03_0300-x64-1.zip」をダウンロード後解凍します。
インストールしてODBC接続を作成後、Accessから試したら、無事PostgreSQLのデータベースに接続できました。

以前は32bit版のAccessがインストールされていて、64bit版を再インストールしたけれど、ODBCドライバのインストールまではされていない環境でした。