ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

ImageMagickはどのバージョンをインストールしてあるのか理解していなかったために起きたこと

スポンサーリンク

Windows XPからWindows 7にシステムを移動する際に、ディレクトリ構造を丸ごとコピーして、ディレクトリ内のバッチファイルを起動すれば、移動処理は完了すると聞いていました。

ImageMagickが動作していない

その通りディレクトリ構造を丸ごとWindows 7にコピーして動作を確認すると、最後に画像ファイルを処理する部分でエラーが発生しています。
なんだろうと思ってみてみると、そこはImageMagickで画像ファイルを処理しようとして、正常に動作していないところまではわかりました。
ImageMagick: Convert, Edit, Or Compose Bitmap Images

ImageMagickが動作しない理由は?

ImageMagickのディレクトリ内のconvert.exeを呼び出していたので、パラメータを含めてプログラムと同じ呼び出し方をコマンドプロンプトから実行してみると、ライブラリが不足している旨のメッセージが表示されています。
検索すると、JPEG関係のライブラリが不足していると表示されるメッセージのようです。

ImageMagickを再インストール

元のインストーラがあればと思い探してみましたが残っていなかったので、最新版をインストールすることにしました。
同じことが起きるのが面倒だったので、解凍して設置するだけの

ImageMagick-6.8.8-7-Q16-x86-windows.zip

を選んでダウンロードして、新しいImageMagickを呼び出すようにプログラムを修正したら、動作するようになりました。
ImageMagick: Install from Binary Distribution
ImageMagick-6.8.8-7-Q16-x86-windows.zip ...


ImageMagickがインストール必要なバージョンだとは最初気づかず、ファイルを書き込む権限がなくてエラーになっているのかと考えてしまい、時間をロスしたのがもったいなかったです。