ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

2018年6月のKindle月替わりセールで気になった本

スポンサーリンク

毎月行われるKindle月替わりセールを楽しみにしています。
2018年5月は1冊購入しました。

2018年6月のKindle月替わりセールの対象をチェックして気になった本は以下の13冊です。


アダルトチルドレンという言葉自体は知っていても、アダルトチルドレンについて具体的には知らないため、学ぶために読んでみたいです。


運をよくする方法ってすごく気になります。
どんなことをするのか、とても簡単だけれどなかなか実行できないことなのかもしれません。


10年以上前にマスタリングTCP/IP 入門編 第2版他の本を読んでTCP/IPについて学んでなんとなくは覚えています。
うろ覚えの知識を思い出し、整理するために読みたいです。


病気にはなりたくありませんが、病気になったら早く治したいので、どんなことをすればいいのか気になります。


人生の達人になるための方法が100個書かれているようなので、気になります。


お金はいくらあっても困らないので、少しでも今より増やせる方法が書かれていないかと気になります。


使い古された印象があり、誰ても知っていそうな「PDCA」を、非常に早く回すというのが、どういうことなのか気になります。


アドラー心理学の本は、見かけると読んでみたくなります。


ディズニー流の人材育成方法というのが、一般でも流用できるのか読んでみたいです。


会話が苦手なので、テクニックを身につけたいです。


ソートのアルゴリズムを学んだのが懐かしいです。
セキュリティのアルゴリズムを読みたいです。


パフォーマンス上の問題点把握を効率よくできるようになるのかもと期待したいです。


この中で一番気になっているのは、「強運が舞い込むとても小さな50のこと。」です。
強運であればなんでもできるとは思いませんが、強運であればかならずなにかいいことが起きそうなのでなりたいです。