ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

WindowsのVisual Stuido 2017から起動できるシミュレータである程度iOSアプリの検証はできる

スポンサーリンク

MacApache Cordovaをインストールして、iOSアプリをビルドしたことを書きました。
ajya.hatenablog.jp

ビルドしたアプリをiPadで試していると、随分Androidと見栄えが違いました。
ボタンの中の文字が、右に寄っていたり、左に寄っていたりしています。

修正するたびに、毎回ビルドしてiOSにインストールするのが面倒だと感じました。
Visual Studio 2017にはシミュレータがあるので、これで試せれば楽かと思いました。
試しに「ブラウザーでのシミュレーション」でデバッグビルドをしたところ、ブラウザが起動してiOSでの表示がされました。
f:id:AJYA:20170713125031p:plain

ブラウザのシミュレータでの表示とiPadでの表示を見比べると、ほとんどの箇所が一致しています。
一部だけ再現ができていません。
それでもシミュレータではずいぶん再現できているので、シミュレータで修正を確認して、修正すべき点が反映できたらiPadに入れて確認するという流れが効率よさそうです。


iOSの表示はMacでないと見られないと思い込んでいたので、表示されたときは意外でした。