ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

花火大会に行きました(2016年)

スポンサーリンク

毎年恒例の花火大会に行きました。

f:id:AJYA:20160731235724j:plain
photo credit: beautiful flower via photopin (license)

妻の実家が花火大会の会場からそれほど遠くないので、いつも車を停めさせてもらっています。
今までは屋台で夕食を購入して一旦妻の実家に戻り食べていました。
妻の実家に到着してから屋台に買いに行って、戻って食べていると、花火大会の開始時間を過ぎています。

今回は夕食を用意してもらって、買いに行く往復の時間を省きました。

子どもは、花火よりおもちゃ?

妻の実家に行く途中、浴衣を着た方を見かけました。
甚平か浴衣を着た、小さな子も見かけました。

子どももそれを見たからか、持って行った浴衣を見たからか、浴衣を着ると言いました。
浴衣を着せて、バギーに乗せて鑑賞に出かけました。

子どもとは前々から光るおもちゃを買う約束をしていました。
屋台の並んでいるところは、当然人が多いです。

バギーのままでは進みづらいからと、妻と子どもで買いに行くことになりました。

後から妻に聞いた話では、光るおもちゃが売っている屋台でどれがいいのか聞くと、どう見ても男の子向けのおもちゃを選んでいたそうです。
子どもの好きな、魔法つかいプリキュア!の「はーちゃん」というキャラクターが付いているおもちゃを、妻が選んだそうです。
ajya.hatenablog.jp

子どもはおもちゃを買ってもらったら満足したのか、おもちゃで遊びたいのか、屋台の並びから戻ってくると帰ると言い出していました。

座って見るのが楽でいいけれど

途中妻の友達とも合流して、レジャーシートや椅子を出して座って鑑賞していました。
子どもは最初バギーから見ていましたが、飽きてきたのか僕や妻の上に乗ってこようとするので、抱っこ気味で見ていました。

座っているのが道の端なので、前を人が通っていきます。
通るだけならいいのですが、たまに立ち止まる人がいます。
立ち止まられると、あまり上に上がらない花火だと見えなくなってしまいます。
気がついて移動するか座ってくれるのが大半ですが、最後の5分くらいに立ち止まった人は立ったままでした。

花火の見やすさを優先するなら、建物の階段とか目の前に人が来ないところを選ばないと難しいですね。


20号(2尺)玉を今年も見られました。
来年以降もずっと見続けたいです。