ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

なかなか読み進められないけれど、読み続けている本

スポンサーリンク

今週のお題「最近おもしろかった本」なので、最近興味深く読んでいる本を紹介します。

読んでいるのは、アドラー 人生を生き抜く心理学という本です。
アドラーという名詞を新聞の広告欄で見かけたことがあり気になったので、2014年8月にkindle版を購入しました。
今年の2月から読み始めてまだ1/3くらいしか読めていないようです。

今一番心に残っている部分

これまで読んだ分で、一番心に引っかかったのは、

不便で不自由だと思っていたライフスタイルでも、実は自分が選んだのであり、この先起こることが予想もつかないよりは、不便でもあえて変えないでおこう、という決心をしているのである。それまでの慣れ親しんだライフスタイルに固執することには、そうするだけのメリットがあるともいえる。
そこで、慣れ親しんだライフスタイルを変えないでおこうという決心を不断に行っているといっていい。この決心をやめさえすれば、ライフスタイルを変えることは可能である。可能だが、このライフスタイルでは生きていけないというような経験をしていないので、多くの場合、ライフスタイルを変えることはできない。

という部分です。

これまでの人生の大きな選択の中で、今の会社への転職は、ライフスタイルのことなどあまり考えていなかったので、期間はかかったにせよ実行できました。
今の会社から転職していないことや、住んでいるところについての選択は、慣れ親しんだライフスタイルに固執しているのかもしれないと気づかされました。
この点を意識してからは、なにかが変わるのではという漠然とした感覚を感じています。