ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

Oracleへ接続する場合設定しなければいけない環境変数

スポンサーリンク

自動で文字コードを処理して表示してくれる無料のクライアントアプリはないのかな。

同僚から保守を引き継いだシステムがあります。
システム自体がお客さんの社内で動作していて、データベースだけ接続できるように許可されています。

ある事象を調べるためにデータベースに接続したところ、表示が文字化けしたので、設定を変更しなければいけないことを思い出しました。
設定自体は簡単で、Windowsのシステムの環境変数の変数名「NLS_LANG」の変数値を「Japanese_Japan.JA16SJIS」に設定を変更するだけです。
SQL*Plusのグローバリゼーション・サポート

変更してからコマンドプロンプトを開きなおして、データベースに接続したところ、文字化けは解消されました。
作業が終わったら、変更した変数値を「Japanese_Japan.AL32UTF8」に戻します。

Javaで開発している人は、この設定変更を知っていると同僚は言っていましたが、僕からすると簡単だけど一手間かかり、忘れがちなことなので、手間を省く方法がないのか知りたいです。