ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

サービス提供のために3社関係しているのは、ときには面倒

スポンサーリンク

うまく回っているときは、なんとも思わないんだけど。

f:id:AJYA:20121025213620j:plain

photo credit: Stuck in Customs via photopin cc

 

自社==>α会社==>β会社==>お客さん という形態で、サービスを提供している。

それぞれが、サポートのメールアドレスを公開しているて、お客さんが判断してメールを送っている。

 

昨夜お客さんが困って、α会社とβ会社それぞれ個別に同じ内容の問い合わせをしていた。

今日の10時前に、β会社から問い合わせがあり対応をしたが、15時過ぎに、今度はα会社から同じことを問い合わせをされた。

 

こちらでは既に終わったことになっていたので、いまさら何を質問しているのやらという気分で、β会社とやり取りをして終わった。

 

問い合わせ窓口は一本に絞って、窓口が内容を判断して割り振るようにしたほうが、今日のような無駄なことが起きなくていいと考えた。