ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

OracleクライアントをWindows Server 2012 R2にインストールした際のできごと

スポンサーリンク

Windows Server 2012 R2にOracleクライアントをインストールしました。
インストールするバイナリは、以前ダウンロードしたものです。
ajya.hatenablog.jp

インストーラを起動すると、要件が不足と表示される

「[INS-13001]環境が、最低要件を満たしていません。続行しますか。」とメッセージが表示されました。
ログを見ても何の要件が不足しているのかわからず、検索すると続行しても問題ないようなので、そのままインストールしました。

f:id:AJYA:20180628124043j:plain
photo credit: Chad Horwedel Sean D Tucker via photopin (license)

.NET Framework 3.5が必要?

インストールをしていたら、.NET Framework 3.5がインストールできなかった旨のメッセージが何度も表示されました。
インストール自体は完了していたので、動作するだろうとデータベースへの接続を試してみると、接続できません。

必要性が理解できないまま、Windows Server 2012 R2の「サーバー マネージャー」から.NET Framework 3.5のインストールを開始しました。

インストールがほぼ終わるタイミングで、データベース名が違っていたことを思い出し、試してみたらデータベースへ接続ができました。

.NET Framework 3.5のインストールがほぼ終わるタイミングだったので、.NET Framework 3.5が必要なのか不要なのかわかりませんが、不要だという認識をしています。


データベース名が違っていることに早々に気がつけば、.NET Framework 3.5のインストールはしないで済んだかもしれません。