ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

Visual Basic 2013のアプリからOracleデータベースに接続する方法

スポンサーリンク

不慣れなOracleデータベースに接続するために調べた結果です。

動作を確認した環境は、Windows 7 Professional SP1 64bit版から、Oracle Database Express Edition 11g Release 2への接続です。


1.Oracle Data Access Components (ODAC) for Windows Downloadsからファイルをダウンロードします。
ダウンロードするのは、
ODAC 12c Release 3 (12.1.0.2.1)
Download the ODP.NET, Managed Driver Xcopy version only

ODP.NET_Managed121020.zip
です。
作成したアプリは、32bit環境でも動作させたいので、32bitのダウンロードサイトからダウンロードしています。

2.適切なフォルダにZIPファイルを解凍します。
C:\ODP.NET_Managed121020
に解凍しました。

3.コマンドプロンプトを管理者として実行を選んで起動します。
後の処理でレジストリを変更するため、管理者権限が必要になります。

4.コマンドプロンプトでC:\ODP.NET_Managed121020\odp.net\managed\x86フォルダに移動します。

5.configure.batを実行します。
レジストリが更新されます。

6.プロジェクトに参照を追加します。
メニューから、[参照の追加]を選ぶと、[参照マネージャー]が表示されます。
[アセンブリ]-[拡張]をクリックして、[Oracle.ManagedDataAccess]にチェックを入れて、[OK]ボタンをクリックします。
f:id:AJYA:20150804060016p:plain

これで準備が完了しました。