ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

プレースホルダを使ってみて、使いにくく感じました

スポンサーリンク

以前この記事を読んで、使うのは止めておいた方がいいんだなと覚えてはいました。
入力フォームのプレースホルダを使ってはいけない – U-Site

既存のシステムを改造することになり、入力画面を見るとプレースホルダが使われていました。
ラベルはついていません。
改造なのでプレースホルダを止めて、ラベルを追加するのは手間だなと思いながら改造していましたが、以下の点からラベルを追加することになりそうです。

プレースホルダで説明ができない入力がある

25桁の英数字が5桁毎に-でつながれていて、それを入力してもらうために5個の入力枠を追加しようとして、どのようなプレースホルダテキストにするか思いつきませんでした。
○○の最初の5桁、○○の2枠目の5桁・・・と書くとわかるのかもしれませんが、それでは説明が長すぎて枠を大きくしなければいけません。
それをするくらいなら、ラベルを使った方が、すっきりとしてわかりやすいです。

新規で作成するときは、プレースホルダは使わないようにしようと学びました。