読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

アップロードしたファイルの更新処理と削除処理の考え方

複数ファイルのアップロードのコードを以前書きました。
ajya.hatenablog.jp

ファイルの登録が必須であれば、ファイルが選択されているのか、すなわちサーバーにアップロードされてきているか判定すればわかります。
ファイルの登録が任意の場合はどうすればいいのでしょう。

ファイルを新規に登録する場合

ファイルのアップロードがされていれば、アップロードされていた処理、ファイルのアップロードがされていなければ、そのままなにもしないで処理を終わらせれば済みます。
データベースへは新規登録になるので、インサートを行います。

登録済のファイルを別のファイルに更新する場合

ファイルを新規に登録する場合とほぼ同じですが、以前のファイルの情報をデータベースから取得しておいて、更新の対象になったら、以前のファイル自体は、新たな拡張子(.backnなど)を追加して、念のため保存しておきます。
データベースにある情報は、新しいファイルの情報にアップデートします。

登録したファイルを削除する場合

以前のファイルの情報をデータベースから取得しておいて、削除の対象になったら、保持用の変数から削除対象の保持用の変数に、ファイルの情報をコピーします。
確定する時点で、削除対象の保持用の変数の情報を使って、削除対象のファイル自体は、新たな拡張子(.delなど)を追加して、念のために保存しておきます。
データベースにある情報は、保持用の変数の情報でアップデートして、削除対象となったファイルの情報を消してしまいます。
登録されたファイルの情報を保存するテーブルとは別の、削除されたファイル用のテーブルに、念のため削除対象となったファイルの情報は保存します。

f:id:AJYA:20170430232308j:plain
photo credit: mkorsakov THINK via photopin (license)

随分シンプルになりましたが、それまではいろいろと複雑に考えすぎて、あるケースでは辻褄が合わないとわかり、どんどんシンプルにしていきました。

1週間の振り返り(2017/4/22〜2017/4/28)

午前有給休暇をとり、午後から会社に行く前に丸亀製麺で食べました。
f:id:AJYA:20170429161052p:plain
ほうぼう天、かしわ天、天かすと揚げ物が多くなってしまいました。
同じ揚げ物でも、ほうぼう天ではなく、さつまいも天の方がよかったかもしれません。

  • 2017/4/22(土)
    昼寝をしていたら、意外に長時間寝てしまいました。
    日頃の疲れが出たようです。
    もう少し毎日寝る時間が早くなるように生活習慣を見直した方がいいのかもしれません。
  • 2017/4/23(日)
    木の枝が伸び放題になってきたので、切っていったら45リットルのゴミ袋で3袋にもなりました。
    それだけ切ったので、ずいぶんすっきりしました。
  • 2017/4/24(月)
    先週金曜日作成した納品物をまとめて提出しました。
    印刷物を納品するので、スキャンしてPDF化していましたが、見づらいので元データを提供したりして、無事承認されました。
    長かった案件もこれで終わりです。

ajya.hatenablog.jp

  • 2017/4/25(火)
    半年ぶりくらいに問い合わせを受けたシステムについて、過去の問い合わせ記録を参照しながら調べて、回答しました。
    過去の記録のおかげで、すっかり手順を忘れていても、調べることができます。
  • 2017/4/26(水)
    既存のシステムを元に新しいシステムを作成していたところ、細かい部分の表記の修正漏れ等が見つかりました。
    以前利用したときに気がついて修正しておくべき点です。
    既存にシステムも合わせて修正しておきました。
  • 2017/4/27(木)
    大幅な仕様変更があった案件の見積が承認されたと思ったら、納期の交渉がありました。
    最初から納期と機能のバランスを考えて欲しいです。

ajya.hatenablog.jp

  • 2017/4/28(金)
    ファイルのアップロードで、差し替え機能を作成していました。
    差し替えはできるようになりましたが、どのような操作をされるかと改めて考え始めたら、現状の処理では複雑な処理を追加しないと破たんしてしまうパターンがあるので、もっとシンプルにして対応できるようにしないといけないことに気がつきました。


昨年から続いていたデータの移行の案件が納品となり、随分気持ちが楽になったところで、急ぎという案件が続けてきました。
落ち着いて4月を終われるかと思っていたら、残念ながらそんなこともなく、バタバタとしながらとなったのが残念です。

子どもが風邪をひき、続いて妻も風邪をひきました。
二人とも医者に行き薬をもらって、徐々にですが回復してきています。
僕が今度は喉に徐々に違和感を感じるようになってきたので、プロポリスキャンディーを舐めたりして対策しています。

仕様が大幅変更されて、費用が膨らんだために発注が遅れ、希望納期が修正にかかる日数を考慮していない

以前こちらの記事を書きました。
ajya.hatenablog.jp

この記事の案件は、この後も小幅な仕様変更があり、最終的な見積を提示しました。
仕様が大幅に変更されたために、見積の金額も大幅に増えていました。
このため依頼元の社内でいろいろあったようで、こちらにも値引きの要請がありました。
仕方なく、多少値引きをした見積を提示しました。

やっと見積が了承されたと思ったら、今度は納期の交渉

多少値引きをした見積を提示した2日後に、依頼元の担当の方から電話がありました。
見積を了承した旨を伝えられ、修正作業に着手して欲しいとのことです。
メールも来ているか確認すると、電話がかかってくる2分前に送られてきていました。

いつくらいに修正が終わるかと確認されたので、今から作業したら、ゴールデンウィークがあるので、どうがんばってもこの日が最短になると伝えました。
他の案件もある旨も伝えました。

依頼元の担当の方は、お客さんからは4月中にと言われているというので、修正内容が多くなれば当然時間がかかるのは当然お客さんも承知のうえですよね?と伝えました。


依頼元の担当の方との電話の少し後に、今度は依頼元の担当の上役の方からメールが送られてきて、納期がなんとかならないかという内容でした。
お断りの文章は難しいから少し後にまとまった時間をとって返信しようと、作業の続きをしていると、依頼元の担当の上役の方から電話がありました。
お客さんから督促されて電話をかけてきたそうで、納期が1日でも2日でも早くならないかという交渉をされました。

依頼元の担当の方に伝えた日程でも、こちらは余裕が全くなく、確実にできると保証できる日程ではありません。
確約できる日程はこの日で、それを余裕が全くなく無理して前倒ししても伝えた日で、それをさらに前倒しは絶対に無理ということを伝えました。


依頼元の担当の上役の方との電話を終えて10分もしないうちに、今度は依頼元のIT部門の方から電話がありました。
納期の件や依頼元の他の案件等質問されましたが、見積のボリュームからどれくらいの日数がかかるか考え、どれだけ無理をしているのか理解はされて電話を終わりました。

f:id:AJYA:20170428234550j:plain
photo credit: classic_film Cary Grant, An Affair to Remember, 1957 via photopin (license)

修正にかかる日数を想像して欲しい

見た目と動作の両方にの修正に時間がかかることを理解し、見積の金額から時間がかかることを理解して欲しいです。

不誠実な対応をする担当の方

最近よく書いている依頼元の、ある担当の方から案件の依頼がありました。

それは1月末頃にあり、仕様を確定して見積を提出、2月初旬に見積が了承されました。
2月中旬にテスト状態のシステムを提供して以降、一切の連絡がありません。

都合により使わなくなったのを連絡してこない

2ヶ月経っても連絡がないので、状況確認のメールを送りました。
依頼元の担当の方からは、都合により使わなくなったとメールで返事がありました。

f:id:AJYA:20170427075242j:plain
photo credit: Kancelaria Senatu Finał VI Międzynarodowego Turnieju Negocjacyjnego via photopin (license)

不要になったのが判明した時点で依頼元の担当の方から連絡がないという点が、まず不誠実だと思います。
しかもこちらから状況確認の連絡を取らなければ、依頼元の担当の方はずっと連絡をしてこなかった可能性が高く、この点も不誠実だと思います。
kotobank.jp


依頼元の担当の方は、連絡もなく終わらせて、テスト状態で終わったのだから費用請求されないと思われているのかもしれません。
こちらは見積が了承された上で作成をしているので、費用請求は確実にします。
不誠実な対応をする担当の方の案件は、今後こちらの担当をしてほしくないです。

部活動は、高校生活の思い出です

今週のお題「部活動」ですが、やはり高校時代のブラスバンド部の思い出がいろいろあります。

つい最近まで自己紹介の趣味・特技としていた、楽器を吹いていること、楽器はクラリネットであることのきっかけとなったのが、高校時代の部活です。[htttp://ajya.hatenablog.jp/entry/2017/04/18/130000:embed:cite]

中学校までは音楽の授業がありましたが、譜面が読めているわけでもなく、なにの知識もありませんでしたが、部活として選んでいました。

f:id:AJYA:20170426054209j:plain
photo credit: Nathan Callahan Goodman at Sunset via photopin (license)

数々の思い出

当時は、一番運動部に近い文化部と言われ、実際毎朝ゆっくりですがグラウンドを腹式呼吸しながら走っていました。
放課後も学校の外を朝と同じように腹式呼吸をしながら走っていた記憶があります。

毎日練習して、終業式で校歌の伴奏をしたり、七夕祭りのパレードに参加したり、文化祭のステージに出たりといろいろ活動していました。

夏には全日本吹奏楽コンクールの地区予選に参加して、1年生ときは金賞を取れたけれど県大会には行けない「ダメ金」を経験もしました。
全日本吹奏楽コンクール - Wikipedia

3年生のときは、バンドピープルという吹奏楽の雑誌(1999年3月号で休刊し、現在は吹奏楽マガジン Band PowerというWebサイトになっているらしい)取材を受けて掲載されるという経験もしました。
www.bandpower.net



部活に関するさまざまな経験を思い出して、ますますクラリネットを吹くことを復活させたくなってきました。



ちなみに、ブラスバンドという呼び方は正しくなく、正確には吹奏楽と呼ぶべきらしいのですが、なぜかブラスバンドという名前でした。

納品物のまとめは、手間がかかっても目次順に行う

これまで何度か記事にした案件がほぼ終わりました。
ajya.hatenablog.jp
ajya.hatenablog.jp
ajya.hatenablog.jp
ajya.hatenablog.jp
ajya.hatenablog.jp
ajya.hatenablog.jp

木曜日にデータの移行のための、データを取り出す作業を実施しました。
金曜日は、データを取り出す作業が正しく行われて完了したという書類作りをしました。
月曜日に書類をまとめて提出しました。

書類には、本文が書かれた書類の他に、添付の書類が3種類ありました。
添付の書類のうち1種類には、少なくて70枚台、多くて380枚台の印刷した複数の処理ログがあり、全ての書類で1,000枚を超える量となりました。

f:id:AJYA:20160618004909j:plain

順番にそろえていく

本文と添付の書類が3種類と数が多かったため、書類をそろえ確認するだけでも大変です。
目次が本文に書いてあるので、目次の順序で順番にそろえて確認していきました。
目次の順序に関係なく、枚数が多い順でも、気になっている順でも、どんな順番でもそろえて確認はできますが、目次順にこなしていかないと、見逃したり勘違いをしてしまいそうです。

順番にそろえて確認し、全てPDF化してファイル共有サービスにアップロードをして、確認をお願いしました。
補足のために、印刷前の元データを追加でアップロードもしましたが、すんなり承認され、原本の紙は全て発送することになりました。


一見目次の順序で揃えていくのは効率が悪く感じましたが、確実な作業をするためには有効な方法でした。

2017年4月のKindle月替わりセールで気になった本

毎月行われるKindle月替わりセールを楽しみにしています。
2017年4月のKindle月替わりセールの対象をチェックして気になった本は以下のとおりです。

昨年9月にもセール対象になったようです。
相変わらず、堅実に生活する小金持ちになりたいという願望があるので気になります。



30分という短い時間で一流の仕事がマスターできるというのが、どういうことをさしているのか気になります。



100年以上前に書かれて未だ読まれているという点が、名作なのかもと思えてきます。



以前読んだ、始めよう。瞑想~15分でできるココロとアタマのストレッチ~ (光文社知恵の森文庫)と比べてどのような違いがあるのか気になります。



電気は少しだけわかっているつもりですが、他は全然わかっていないと思うので、知識をつけるために読みたいです。
固定レイアウトでタブレット向きらしい点は注意が必要です。



手帳の使い方が昨年途中から変わって、今年は悩みながら使っているので、新たな使い方のヒントが得られないかと気になります。



この中で一番気になっているのは、「幸せな小金持ちという生き方 ― 本田健初期作【完全版】」です。
「幸せな小金持ち」というタイトルのとおりに生きたいと思うことがあるので読みたいです。