ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

mozoワンダーシティのリトルプラネットで遊んできました

スポンサーリンク

妻がmozoワンダーシティで知人と会うことになり、一緒にmozoに行くのはいいのですが、数時間は別行動をしなければならなくなりました。
僕なら、書店などをぶらぶらしながら時間をつぶせますが、子どもには無理です。
どうしようかと考えて、リトルプラネットで遊ぶことになりました。
litpla.com

意外に早くから遊び始める

当日、11時40分近くにmozoワンダーシティに到着しました。
妻の知人に挨拶をして、妻とは別行動となりました。

子どもと二人でフードコートに行き、席を確保するのにうろうろして、席を確保し、何を食べようかと見て回って、漁港めし家 牧原鮮魚店で注文して、海鮮丼を食べました。
食べ始めて、子どもが醤油をこぼすハプニングもありましたが、食べ終わったのが12時半くらいでした。

リトルプラネット内にはトイレがないので、トイレに行き、入り口に到着したのが12時45分くらいでした。

出かける前は、13時半くらいから、1時間半遊べばればいいかと思っていました。
思っていたより早く遊び始めるので、1時間半では、延長の可能性があります。

15時過ぎまで遊ぶだろうからと、休日1日フリーパスを選びました。

子どもが一番気に入った遊びは、PUZZLE DUNGEON

ひと通り遊んで、子どもが一番気に入った遊びは、2人で対戦できるPUZZLE DUNGEONのようでした。
litpla.com

画面に表示されるブロックの色と数字に合わせて、キューブのどの面でもいいので、ルービックキューブと同様に動かし、色と色の数をそろえます。
そろったら、キューブのそろえた面をセットすると、ブロックが壊れます。

ブロックに合わせて、キューブの面そろえるのとセットするのを繰り返して、制限時間内にどれだけブロックを壊せるのか競います。

子どもと何度も対戦して、引き分けが1度、僕が負けたのが1度、あとは全部僕が勝ちました。
ブロックをどれだけ壊せたのか、メートルで表現されますが、一番壊せたときは、1万メートルを超えていました。

キューブの面をそろえる早さも必要ですが、セットしてブロックが壊れるまでに、次のブロックの色と数字を見て、
・キューブをひっくり返すだけでいいのか?
・2個くらい前に同じブロックあったから、キューブのどこかの面に残っていないか?
・どの面にそろえると早いのか?
などを考えながら遊んでいました。

MELODY SHUFFLIN'で苦戦

TBS系で放送されている「オトラクション」とのコラボの、MELODY SHUFFLIN'は、苦戦していました。
オトラクション
litpla.com

1度目は時間切れでクリアできず、2度目は制限時間いっぱいでクリアしていました。

並び替えに挑戦できる曲は、聞いたことがあってわかっていると思っていましたが、上手く5つに分けられていたのか、苦戦していました。


妻から連絡があった2時間半くらいの間、遊んでいました。
次の機会は、どの遊びをしたいか絞られるでしょうから、1時間や1時間半でも満足できそうです。