ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

ふわ玉トマト炒めづくりに初挑戦しました

スポンサーリンク

これまでに、豆腐ハンバーグ、ワンタンスープ、スープ餃子を初めて作りました。
豆腐ハンバーグづくりに初挑戦しました - ソフトウェア開発者の日常
ワンタンスープづくりに初挑戦しました - ソフトウェア開発者の日常
スープ餃子づくりに初挑戦しました - ソフトウェア開発者の日常

今回は、キッコーマンの「ふわ玉トマト炒め」を作りました。
www.kikkoman.co.jp

材料と、作り方は、パッケージの裏に書いてあります。
ふわ玉トマト炒めの作り方

どう作ったか

「トマト」を使うので、トマトの皮をむきます。
へたを取って、へたの反対側に切り込みを十字にいれ、熱湯に入れます。
30秒も熱湯に入れると、箸でさわると皮がはがれるくらいなので、冷水に入れて、皮をはがします。
cookpad.com
トマトの皮も、初めてむきました。

皮をむいたら、1㎝幅のくし形に切ると、作り方には書いてあります。
くし形の意味がわからず、皮をむくための切り込みの十字を元に、4つに切り、食べるには大きすぎるサイズだったら、さらに半分に切って、適度な大きさにしました。

ボウルに「卵」を3個入れて溶きほぐし、「ふわ玉の素」を入れて、混ぜ合わせます。

準備ができたので、フライパンを温めました。
IHクッキングヒーターで自動で予熱できます。
予熱が終わったら、「サラダ油」を大さじ2杯入れます。

パッケージに強火と書かれていたので、IHクッキングヒーターの火力を、強火とされている8に設定して、フライパンに卵を入れて、いり卵を作ります。
目安として40秒とパッケージに書かれていますが、2分くらい時間をかけた気がします。

いり卵をフライパンから皿に取り出し、フライパンにトマトと、「そうざいの具」を入れ、中火で炒めるとあったので、火力を6に設定して、2分炒めました。
2分経ったところで、いり卵を戻して完成です。


初めてふわ玉トマト炒めを作りましたが、いり卵をもっと、とろとろにすべきだったかと、パッケージの写真と見比べて思いました。
トマトも、大きな1個ではなく、小さな6個を切ったのと、炒めるときにフライパンの中で混ぜすぎたのか、形がよくわからなくなりました。
ふわ玉トマト炒め

味は、商品のおかげでよかったので、次の機会は、見た目の満足度があがるように考えたいです。