ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

違和感を感じる心がデバッグには必要

スポンサーリンク

システムの動作確認のために、データを処理して、正しいのか確認をしていました。
日時が関係しているデータで、画面上には上から下にガントチャートのようにバーを連続して表示しています。

データを確認していると、ふと気になるバーの表示がありました。
バー以外の情報からすると、気にしなくてよくて、バーは正しく表示されれいるのかもしれませんが、正しいのか?と違和感を感じました。
推測で大丈夫だろうと済ませて、後から不具合が発覚するのは、慌てる元になります。
自分自身を納得させるために、違和感を感じた表示になる理由を調べ始めました。

f:id:AJYA:20200318123911p:plain
unsplash-logoRhys Kentish

調べた結果、不具合が発生していたために、バーは正しく表示されていませんでした。
予想してテストをしたパターンとは違うパターンのデータを元に処理をしていたために、不具合がわかりました。
原因がわかったので修正をして再度同じテストを行って、違和感を感じない表示に変わったのを確認しました。


違和感を感じたおかげで、不具合を見つかられました。
安易に気にしなくてもいいと判断していたら、見逃していた可能性もあります。

思い過ごしのときもあり、実際正しい処理結果を元に表示している場合もありました。
もしかして今回も思い過ごしかも?と思いつつ、違和感を大切にして確認した結果、不具合に発見につながったので、今回も同じでしょと簡単には判断できないと考えています。