ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

お風呂のふたを買い替えました

スポンサーリンク

住み始めてからずっと使っていたシャッタータイプのお風呂のふたが、ここ何年かで、2つにちぎれ、3つにちぎれ、4つにちぎれ、とうとう5つにまでちぎれてしまいました。
ちゃんと並べれば、お風呂のお湯の保温という目的は果たせていますが、5つに分かれているのを並べるのは手間です。

買い替えればいいのですが、お風呂の形状が下の商品のような曲線形状のため、お風呂のふたも形状を合わせてカットされています。
www.toclas.co.jp

オーダー品でカットの依頼もできるようですが、費用がかさむので高くなるばかりです。

オーエのお風呂のふたを購入

どうしようかと悩んでしばらくの間放置していましたが、先日ホームセンターで商品を見て、オーエの「コンパクト風呂ふた ネクスト」を購入しました。

サイズは、奥行き750mmぎりぎり届かない可能性が高く、奥行き800mmでははみ出るという、ぴったりが選べず悩みましたが、足らないのは問題だろうと、奥行き800mmを選びました。
上の商品紹介のリンクでは記載がないサイズで、号数はW-16となっています。
Amazon楽天を探しても見つからないので、このようなサイズはないものだと思っていました。
新しく追加されたのかもしれません。

「組合せ風呂ふた」も検討しましたが、1枚単位ではなく2枚組か3枚組でサイズが合わないので断念しました。

新しいお風呂のふたを設置してみて

自宅のお風呂に新しいお風呂のふたを設置して気がついたのは、お風呂の端が立ち上がっているため、奥行き800mmでは立ち上がっている部分にひっかかって、畳んだ状態ではバランスが悪く感じます。
横に寝かせてしまえばバランスは気にならないので、僕が入浴する際は、寝かせています。


長年つかっていれば、以前と同じようにちぎれてくると思うので、そのときは奥行き750mmでも大丈夫か、改めて検討したいです。