ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

町内回ってあいさつして広報配って、募金を集めてきました

スポンサーリンク

町内の神社の当番はこれまで3度勤めてきましたが、順番が回ってきて、今年度初めて町内の組の組長になりました。
地域によって違うのでしょうが、現在住んでいるところでは、町内を何組かに分けて、その中の一軒が組長になって、1年間組長の仕事をします。

なにごとも初めての経験には戸惑いますが、妻と子どもと一緒に、最初の仕事をしてきました。

最初の仕事

最初の仕事は、市の広報の配布と、赤十字社の募金集めです。

広報を配るだけならポストインするだけで済みますが、募金集めは出てきてもらわなければなりません。
今年度1年間お願いしますと挨拶がてらとなりました。

家が密集して建っているわけでもないので、いい運動になります。
立派な門構えをされている家もあります。

ポストと玄関チャイム/インターホンの位置を把握しながら、在宅の方には挨拶をしつつ、不在の方には広報はポストインだけして全部の家を回りました。

門の外にチャイムがあるように見えるけれど押せず、門を外から開けて入って、玄関にあるチャイムを押さなければいけなかった家があったりして、一人で回っていたら、妻に伝えるのがややこしかったろうなと思います。

面倒な仕事もありそうですが、1年間そつなくこなしていきたいです。