ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

片付けの習慣が相変わらず身につかない

スポンサーリンク

すごく困っているわけでもないので、ついつい物が出しっぱなしになったり積みっぱなしになっています。
一時保存用のA4サイズのファイルボックスには、さまざまな物、特に子どもから貰った手紙など、残しておきたいけれど、どう残しておくべきかと悩むものも入っていて、そのままとなっています。

購入した物の箱も、説明が箱に書いてあったりすると、そこだけ切り取って保存するか、なくなっても問題ないから捨ててもいいのか判断を先送りして、そのまま残ってしまいます。
捨てるのが前提、必要な部分があれば、切り取ると断固決めて対処していくしかないと考えています。

付属品の保存方法にも悩みます。
小さな物であれば説明書と一緒に保存すればいいのですが、電動ブラシの付属品は大きくて困っています。
ajya.hatenablog.jp
ブラシが3種類付属していて、1種類しか使っていませんが、使っていない2種類を捨てる気にもなれません。
説明書を入れると決めたファイルケースにも入らないので、どこに保管しようかと迷い始め、結局購入したときの箱に入れたままです。

f:id:AJYA:20181223065001p:plain
unsplash-logoHello I'm Nik

入れ物がなければ散逸してしまうので、より収拾がつかなくなりますが、入れ物があることで安心している面もあります。
入れ物をなくすつもりで、箱を捨てるようにしなければいけないと考えるようになりました。
箱のために住居があるわけではないとも考えれば、少しはやる気がだせそうです。